2005年08月11日

Google Earth でも本格的に不動産探し

Google Maps で不動産情報を提供している例は、実はもうたくさんあったりする。

HousingMaps

Housing Maps
間取り・家賃、ペットほかの条件で絞り込める。物件は全米の主要都市


Colorado Future: Real estate listings & homes for sale

Colorado Future


コロラドの物件情報。いろいろな物件の条件はもちろん、MLS という住宅物件登録/紹介システムのID番号でも検索できる。地図と衛星写真の両方を並べられる(ハイブリッドモードが出る前に作ったな・・・・)

ほかにも同じような不動産紹介システムがザクザク出てくる。やっぱり地図命の不動産業界は差別化に必死のようだ。

ほかにも、自分の家の近所の建物の値段の調査が Google Maps でできるシステムがあるようだ。

CostWhat.com - Free Home Value and Find Out What Your Neighbors Paid

「あるようだ」と書いたのは実名で登録しないと調べられないようなんで Google Maps の画面までたどりつけなかったのだが、まあ、アメリカでは建てた家を売り買いするのは日本よりはるかに日常茶飯事なので、近所の物件の売買の値段は非常に気になるはずだ。

ところで、上の Colorado Future の例では、検索結果をまとめて Google Earth 上にダウンロードできる機能もあった。

Colorado Future - Google Earth


もうここまでリアルだと、現地に行く前に大体近所の雰囲気はわかるし、物件の絞込みもかなりやりやすくなるだろう。衛星写真が古いせいで紹介されている物件自体が写ってないのもかなりあったけど、これはすごいなあ・・・ ピンを立てて Placemark を空中に浮かせているのは、物件の建物の写真に Placemark を重ねないようにするための工夫だろう。

・・・と思ったら、さらにその上を行くシステムを発見。今度は Google Earth の Network Link を使って、現在売りに出ている物件を自動的にアップデートしていく仕組みがあった。

Chicago Real Estate - Prudential Preferred Properties

Prudential Preferred Properties with Google Earth
シカゴのダウンタウンなのでビルをかたどった 3D のポリゴンがオンにできる。アイコンの色は価格帯別


NetworkLink なので、物件はリアルタイムでアップデートされる。売れた物件は消えていき、新規物件がどんどん入ってくる。設定を見ると、6時間に一度更新チェックを行っているようだ。1日4回・・・なかなか微妙なタイミングだ。

左側のリストは一軒家、アパート、オフィスなどにフォルダで分類され、さらに、価格帯別のフォルダに分かれている。上記の写真では Google Earth と一体化されてるブラウザ(IE)で物件情報を見ている。先述の MLS番号や担当者のコンタクトなどももちろん記載されている。

物件を探す人は、気になる物件の Placemark を自分の別のフォルダにコピーしてブックマークして置いて、後でまとめて比較検討もできる。

以前に「Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』  編集長 不動産ブログ日記」に自分の書いたコメントの
やっぱり物件データベースと連動させて、実際に今ある物件の Placemark をリアルタイムでGoogle Earth 上にプロットする kml を開発できそうですね。。。

それをクリックすると、物件の写真のサムネイルが出てきて、クリックすると物件のページにジャンプする・・・という感じでしょうか。
が、もう予想以上のレベルの高さで完成されているようだ。

ところで、上記はこの記事から拾ったものだけど:

Inman Real Estate News - Point2 joins Google Earth 'mod squad'

ここでメインで紹介されている Point2 Realty Solutions は不動産システムのソリューションを提供しているカナダの会社のようだ。記事を読むと、どうやら中小の不動産業者や個人エージェントに対してMLSネットワークなどと連携したウェブを簡単に作れたり、業者同士で不動産仲介をするネットワークを運営しているようで(規模はわからないが、日本で言うと賃貸情報ネットワークや、ライブドアと提携したばかりのアットホームみたいなものかな?)、その機能の一つとして、そのソフトの作る物件リストから Google Earth へのリンクを作れる機能を追加した、ということだ。
というのも、上の記事からはリンク切れになってるし、この会社のウェブをあちこち探しても見つからないので、Google のキャッシュからページを見つけてようやく内容がわかった。
何があったかわからないが、また記事が出たらレポートしたい。

というわけで、日本の不動産業者の皆さんもがんばって差別化してください。
・・・というか、ヤフオクの不動産カテゴリーあたりが Yahoo! Maps API 使ってとっとと始めそうな気が・・・

Google も、測地系の問題解決しないとこういうサービス日本で始められないよ・・・ もたもたしてる間に Yahoo や msn に出し抜かれても知らないから・・・
posted by nagoyan at 12:24| Comment(0) | TrackBack(3) | Google Earth | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

夏期休暇探検隊/Google Earth でも本格的に不動産探し
Excerpt: ■earthhopper http://earthhopper.seesaa.net/article/5792215.html Google Earth / Google Map で地球散..
Weblog: Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』  編集長 不動産ブログ日記
Tracked: 2005-08-11 13:20

Google Maps APIを使った地図サービスが次々登場--ブログ、求人、映画と連携
Excerpt:  ここにきて、Googleが提供する地図検索サービス「Google マップ」のAPIである「Google Maps API」を利用したサービスが、日本でも相次いでリリースされている。  いち早く..
Weblog: 【ぷ〜ログ】 だらだら日記
Tracked: 2005-08-14 01:34

まずは、財務諸表から
Excerpt: [雨]風邪ピークは過ぎたが… 朝6時起き、8時55分出社。 やるべき事が増えたのでリストアップして、一つ一つ潰しに掛かる。午前中は書類処理して発注かけて、半田付け。午後は、実験して失敗し、実験を諦めて..
Weblog: Cazperのつれづれ日記
Tracked: 2006-02-02 01:33
Google Groups Google-Maps-API-Japan(日本語)
Email:
アーカイブ - Google Group
Googleグループに参加するにはGoogleアカウントが必要です。

The American Red Cross
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。